リンゴループになったiPhone6s、復旧出来ました!! | 溝の口でiPhone(アイフォン)の修理ならバッテリー・ガラス割れ画面交換修理が可能なリペア本舗へ
ホーム > リンゴループになったiPhone6s、復旧出来ました!!

iPhone・iPad修理 即日返却
溝の口駅・武蔵溝ノ口駅から徒歩1分

iPhone修理コラム

リンゴループになったiPhone6s、復旧出来ました!!

普段ご使用のiPhone6sが、朝起きたらリンゴマークから進まなくなりました・・・とのことで、

ご来店頂きました。

恐らく、iOSの自動アップデートで自動的にアップデートされて、

その途中でリンゴループになってしまったのでしょうね。

 

リンゴループになるとあまり復旧できないのですが、

だめもとで当店のPCでiTunesに接続してみると、

iTunesでのアップデートが始まりました。

しばらくすると、アップデートが完了して、iPhoneが起動しました!!

 

iPhoneで『自動アップデート』という機能があり、

こちらはデフォルトではオンになっているので、

WiFi環境下で、夜中充電していると勝手にiOSのアップデートが始まってしまいます。

しかし、このアップデートのおかげでリンゴループになり、

復旧出来なくなるというのを当店でも何度も見ております。

現行のiPhoneをご使用の場合はアップデートしてもあまり問題はないとは思いますが、

少し古い機種ですとこのようにリンゴループになってしまう恐れがあるので、

『自動アップデート』はオフにすることをオススメ致します。

 

ちなみに『自動アップデート』の場所は、

『設定』⇒『一般』⇒『ソフトウェア・アップデート』の中にございます。

 

確認してみたらいかがでしょうか。



科目別修理メニュー

機種別修理メニュー